エリアフレンズのあゆみ

創業のきっかけ

エリアフレンズの創業は1998年12月で、代表の當山麻紀が派遣社員をしていた25歳の時に、パソコンの勉強のために購入したノートパソコンを使い、一人暮らしのアパートの一室で始めたのが最初でした。

モーニングコールサービスを始めたのは、元々朝に強くて早起きだったため、朝の時間を有効活用したいと思ったことと、朝起きるのが苦手な人のお役に立ちたいと思ったのがきっかけでした。

その後、色々な幸運にも恵まれ、順調にお客さまが増えたこともあり、2006年12月に法人化し、株式会社エリアフレンズを設立することができ、今年2017年で創業19年目になります。

移り変わりの激しいモーニングコール業界において、幸いながら、約19年間営業を続けることができていて、現在エリアフレンズは、日本でモーニングコールサービスを提供している会社の中で、最も長くサービスを提供している会社となっています。

エリアフレンズの沿革

1998年 12月  エリアフレンズ創業

2004年  5月   二度寝防止サービス開始

2004年 10月  平日コース開始

2006年 12月  株式会社エリアフレンズ設立

2007年  2月   ナンバーディスプレイ対応開始

2012年  1月   クレジットカード決済導入

2015年 10月  Facebook & Twitter開始

2017年  6月   ご家族見守りコース開始

2017年  7月   法人向けサービス開始

ページ上部へ戻る